1. TOP
  2. トヨタ
  3. センチュリー買取査定の無料一括査定サイト・ベスト5はコレだ!

センチュリー買取査定の無料一括査定サイト・ベスト5はコレだ!

センチュリーを高く売りたいなら『かんたん車査定ガイド』『カーセンサー.net』『ズバット車買取比較.com』『カービュー』『楽天』の5サイトを使いましょう。

様々な口コミや評判、ランキングサイトに書かれているように、この5サイトを使う人の高額売却率はかなり高いです。

センチュリー査定

5千円でも1万円でもセンチュリーを高く売りたい方は最低5社以上に査定してもらいましょう!

出来れば10社以上に査定してもらうといいでしょう。

センチュリーの買取査定で1サイトで5社になればいいですが地域によっては5社に満たない場合もあるので、この場合は2サイト目3サイト目と使いましょう!

繰り返しますが、センチュリーの買取査定で本気で高く売りたいのなら5社以上は絶対です!

尚、特に人気車種の場合は担当者は積極的に無料出張査定を希望してきますので複数の会社から同様の連絡がある場合は出来るだけ同日同時刻に見に来てもらうようにすると1度で済みますし、他社に負けない査定額を出さなければとすことは高く査定してもらえる可能性も高まります。

センチュリーが高く売れると口コミ評判なのはこの5サイト!

当サイトからお申し込みの多い順番になっていますが直感的に選ばれてもいいと思います。高額売却が出来ますよう心よりお祈り申し上げます。

 

かんたん車査定ガイド

 

カーセンサー.net

 

ズバット車買取比較.com

 

カービュー

 

楽天

以上一括査定のおすすめサイトをご紹介いたしましたが、以下の下取り査定が簡単にわかるサイトもご紹介させていただきますので、よろしければご利用ください。

 

センチュリーの下取りの査定相場を知る

代表的なものがトヨタと日産で国産車についての下取りに関する参考価格がわかります

トヨタ 下取りシミュレーションの公式ページ

http://toyota.jp/service/tradein/dc/top

日産 下取りシミュレーションの公式ページ

http://tradein.nissan.co.jp/

 

センチュリーの買取参考価格

センチュリー フロアシフト
平成23年 GZG50     188~238万円

 

センチュリーは、こんな自動車

センチュリーはトヨタ自動車製造・販売しているトヨタのなかでは最高級乗用車に部類される自動車になります。

このセンチュリーはトヨタのなかの最高級乗用車に部類されているので、日本国内の官公庁、企業、富裕層などで使用される割合が高くなっているのです。

特に個人ではなく法人需要が高いことで知られていて、自家用車に使われることは少ない車になります。

トヨタの自動車センチュリーの歴史は長く、初代センチュリーは1967年から製造販売されていました。

世界の高級車に匹敵するプレステージサルーンを目標にして開発された初代のセンチュリーは以後30年間モデルチェンジされないで生産されていくことになる記録を作ったことでも知られている車になります。

それまで最も高級クラスだったクラウンをさらに車体を大きくして全面的な新設計により開発された経緯がありました。

そして2代目のセンチュリーがモデルチェンジを経て1997年に登場します。

2代目のセンチュリーの特徴として、V型12気筒DOHCエンジンを搭載した後輪駆動車で、最新のメカニズムを満載したハイテクノロジーの塊とも揶揄されるほど、ハイテクなセンチュリーとなりました。

 

中古車買取一括査定サイトお勧めトップ5はコチラ!

 

トヨタセンチュリーの買取対応の都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

トヨタセンチュリーの年式一覧

1982年(昭和57年) 1983年(昭和58年) 1984年(昭和59年) 1985年(昭和60年) 1986年(昭和61年) 1987年(昭和62年) 1988年(昭和63年) 1989年(昭和64年) 1989年(平成元年) 1990年(平成2年) 1991年(平成3年) 1992年(平成4年) 1993年(平成5年) 1994年(平成6年) 1995年(平成7年) 1996年(平成8年) 1997年(平成9年) 1998年(平成10年) 1999年(平成11年) 2000年(平成12年) 2001年(平成13年) 2002年(平成14年) 2003年(平成15年) 2004年(平成16年) 2005年(平成17年) 2006年(平成18年) 2007年(平成19年) 2008年(平成20年) 2009年(平成21年) 2010年(平成22年) 2011年(平成23年) 2012年(平成24年) 2013年(平成25年) 2014年(平成26年) 2015年(平成27年)

トヨタセンチュリーのグレード一覧

4.0 Dタイプ 4.0 Eタイプ 4.0 Lタイプ  5.0

トヨタセンチュリーの型式一覧

DBA-GZG50 TA-GZG50 TA-GZG50(改) E-GZG50 E-VG45 E-VG40

 

センチュリーの中古車査定事情

新車購入にトヨタを選んだ場合、今持っているセンチュリーのディーラー下取りというやり方もありますよね。しかし、ディーラーさんに下取りをお願いしてしまうと、本当は損になることが多いのが現状です。

主に新車を販売するのがディーラーですから、下取りの価格を高くしてしまうと、その分だけ利益が減ってしまいます。
車を売る時に買取と下取りのどちらが得かというと、売値を高くしたいのなら買取です。下取りを選択した場合は買取よりも安い値段で手放さざるを得なくなるでしょう。

下取りの場合、評価されない部分が買取ならプラスになることも少なくありません。

特に事故車を売却する際は、下取りだと非常に低評価となり、廃車費用を請求されるケースもあります。自宅での買取を依頼したとしても、必ずしも車の売却に応じることはありません。
買取価格に満足いかなければ断ったりもできるのです。

車買取業者の中には、売買成立まで居座ったり、出張費用、査定費用などを要求する場合もあるので、気を抜かないようにしてください。先に口コミのサイト等をチェックしてから出張買取をお願いするといいでしょう。

ディーラーが古い車の下取りをするのは、新しい車を買ってもらうためのサービスといってもいいでしょう。

買取業者に買取をお願いした時のように、センチュリーの中古車のグレードやカラー、追加要素などの人気の有る無しは下取り金額には影響はありません。

業者トレードインに出す前に、いくつかのセンチュリーの中古車買取業者の査定を受けて、相場を認識しておいてください。車の査定と下取りを比較したら、下取りのほうが勝っていると考えておられる方も多いと思います。確かに、下取りの場合は買おうとする車を愛車の下取りで値引きすることが可能ですし、買取手続きも購入手続きもそれぞれせずに行えるので簡単です。ところが、単純に売値だけを考えると、車査定の方が高く査定されます。センチュリーの中古車査定は市場の人気に大きく左右されるので、評判の良い車であればあるほど高い値段で売却できます。

なおかつ、プラスの部分を次々に加算していく査定法を取り入れているところも多く、高く売却できる見込みが高いです。

こうしたことから、下取りよりも車査定業者での売却を検討したほうが良いといえます。

乗り慣れた車を売る場合、現在ではセンチュリーの中古車オンライン査定と呼ばれる目的に合ったサービスがあります。足を運んでセンチュリーの中古車買取店に行かなくても、自宅のネットで乗り慣れた車の査定をするための物です。大体の査定金額を把握したい場合や数社を回りたいとは思っていますが、時間のゆとりのない人には大変便利でしょう。何回も車査定の相場を調べるのは手間かもしれませんが、調査しておいて損はありません。

いっそ、車を高く売りたいのであれば、愛車の価格を知っていた方が得です。

なぜならば、相場を把握しておくことで、営業スタッフが見せる査定額が異常ではないのかどうかジャッジできるからです。マイカーのセンチュリーの出張査定をお願いしても買取を拒否することができます。出向いてのアセスメントとは、自分が乗っていた自動車を売りたくなった時に、センチュリーの中古車買取業者が、いくらぐらいで売却出来るのかを家まで査定に来てくれるサービスのことです。

査定された額が自分の想定よりも安い場合には、断っても構いません。大切な車を高く手放すのが希望であれば、下取りにするのではなく買取を選択するようにしましょう。買取の方がさらに得することが多いです。それに、事故車や故障車を売却希望の折は、下取りにするといい評価が見込めないため、プラスどころか、廃車費用の請求をうけることもあるでしょう。

ただし、買取の場合は専門業者を選択すれば、ストレートに買取してもらうことができます。
車の買取ではトラブルが発生することも多く、インターネット上の査定の価格が大幅に異なるというのはもはや疑うことはできないでしょう。買取の契約が成立した後に事後的に理由をつけて減額されることも多々あります。

車を引き渡したにも拘らずお金が振り込まれない事例もあります。高額な査定金額を売り物にする質の悪い業者には気を付けるようにしましょう。
センチュリーの出張査定サービスというものを利用せずに査定を依頼しに店舗へ直接行ってもいいのですが、業者のセンチュリーの出張査定の多くは全て無料ということですから、利用してみた、という人も結構いるかもしれません。買取業者のお店へわざわざ行かなくても済むというのは実に便利ですが、ただで来てもらったのに買取を断るのは忍びないと考える人もいます。
車を売ろうと思った時には一般に買取と下取りのどちらにするか選択する必要があるでしょう。

二つの内、どちらを選ぶのが良いのでしょうか。

高く売りたいときは、買取をお勧めします。買取の査定と下取りの査定は別物と言って良く、買取の方が利用者にとってありがたい査定方法を用いています。下取りでは査定に影響しない部分が買取では評価されたりするのです。
高い見積価格をだしてもらうためには、複数の車買取業者に査定してもらうのが最も良い方法です。
車買取業者によって得意とする車種やメーカーなどがあり、買取金額に違いが出ることもあります。

複数の業者の査定額の違いを調べれば、買取価格の違いがわかるので、より良い交渉ができるはずです。弱気の方は交渉が得意な友人に一緒に交渉してもらうといいですね。

車の買取一括査定は、ネットで複数の車買取会社にまとめて査定を依頼するこができるサービスです。一社一社に査定を依頼むと、かなり時間がかかってしまいますが、車買取の一括査定を使用すると、わずか数分で複数の買取業者に頼むことができます。

利用しないよりは利用した方が得なので、車を売りたい時は一括査定するようにしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

車買取査定ガイドの注目記事を受け取ろう

センチュリー査定

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

車買取査定ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • シエンタ買取査定の無料一括査定サイト・ベスト5はコレだ!

  • ライトエースバン買取査定の無料一括査定サイト・ベスト5はコレだ!

  • ノア買取査定の無料一括査定サイト・ベスト5はコレだ!

  • ランドクルーザー200買取査定の無料一括査定サイト・ベスト5はコレだ!

  • ハリアーハイブリッド買取査定の無料一括査定サイト・ベスト5はコレだ!

  • カローラ買取査定の無料一括査定サイト・ベスト5はコレだ!