1. TOP
  2. 車買取査定
  3. 中古車買取査定相場を知って最高値の車買取店に高く売りませんか?

中古車買取査定相場を知って最高値の車買取店に高く売りませんか?

車買取査定   393 Views

【車買取査定ガイド】買取査定相場を知って愛車を高く売却する方法は、実はとても簡単なんです。

以下の1と2の価格をまとめれば、下取りが高いのか買取店の査定が高いのかが一目瞭然です。

納得いく価格なら売却してもいいでしょうし、納得がいかなければ売却しなくてもいいでしょう。

一般的には、2の中古車一括査定サイトで10社程度から査定見積りが取れれば最高値の買取店がその時点での最高価格といわれています。

車を売るなら、車買取・中古車査定の一括査定を使いましょう!複数の買取専門店に査定してもらえば愛車の買取相場がチェック出来ますよ。少しでも高く売りたいのなら絶対お勧めです!

しかし、比較的新しく走行距離の短い車両や10万キロオーバーの車などで下取りが買取査定を上回る場合もあります。

目次(表示させると見出しが見られますよ!)

1.下取りの査定相場を知る

代表的なものがトヨタと日産で国産車についての下取りに関する参考価格がわかります

1-1.トヨタ 下取りシミュレーションの公式ページ

http://toyota.jp/service/tradein/dc/top

1-2.日産 下取りシミュレーションの公式ページ

http://tradein.nissan.co.jp/

可能であれば、5社程度から見積りが取れると相場の買取価格が見えてきます。1サイトで5社に満たない場合は2サイト目、3サイト目と申し込んでみましょう。

利用したから買取店に買ってもらわないといけないということは、全くありませんから、無料査定なので使わないと損です。

cropped-head02.png

2.車買取・中古車査定の一括査定5サイトをご紹介します

当サイトで、申し込みの多い順番で5サイトご案内させていただきます。

rank01_S_blue01かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド

車を売るなら、車買取・中古車査定のかんたん車査定ガイドで!45秒カンタン車査定で 愛車の買取相場をチェック。ランキングやお役立ち情報を参考に愛車の価値を確認 しよう!中古車買取サイトの決定版!

運営会社 株式会社エイチームライフスタイル
登録業者数 53社
最大依頼件数 10社
本社 愛知県名古屋市西区牛島町6番1号 名古屋ルーセントタワー 36F
上場 東証一部 証券コード:3662
特徴 45秒の簡単入力

かんたん車査定ガイドの詳細はコチラをクリック!

 

rank01_S_blue02カーセンサー.net

カーセンサー.net

車 買取・車査定情報が満載なので、車を売るならカーセンサーnetがおすすめ!中古車の車買取・車査定の情報を全国各地から検索可能で、車を売却するために 相場を調べてから普通自動車の買取は勿論、トラック買取も行っているので、安心して車を売ることができます。無料で複数店舗に中古車の車査定を一括で依頼 して車売却ができます。

運営会社 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ
登録業者数 319社
最大依頼件数 10社
本社 東京都中央区京橋2-1-3 京橋トラストタワー
上場
特徴 3分で終わるカンタン入力

カーセンサー.netの詳細はコチラをクリック!

 

rank01_S_blue03ズバット車買取比較.com

ズバット車買取比較.com

株式会社ウェブクルーが蓄積する大量の中古車売買データを、車のプロが独自の視点で分析。車買取相場や高額査定の秘訣、愛車乗り替え体験レポートに加え、旬のニュースやお役立ち情報が満載!愛車を高く売りたい人は必見の車買取一括査定依頼サイト。

運営会社 株式会社ウェブクルー
登録業者数 150社以上
最大依頼件数 8社
本社 東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号 恵比寿ガーデンプレイスタワー13F
上場
特徴 入力は簡単1分!

ズバット車買取比較.com詳細はコチラをクリック!

 

rank01_S_blue04カービュー愛車買取無料査定

カービュー愛車買取無料査定

carview! の車買取・車査定ページです。無料で複数の車査定会社があなたの車の価値を算出し、中古車の買取・査定の相場が簡単にチェックできます。

運営会社 株式会社カービュー
登録業者数 500社以上
最大依頼件数 8社
本社 東京都港区六本木一丁目4-5 アークヒルズサウスタワー19階
上場 2015年・ヤフー株式会社の完全子会社化に伴い上場廃止
特徴 利用実績380万人。業界NO.1!

カービュー車買取無料査定詳細はコチラをクリック!

 

rank01_S_blue05楽天 無料愛車一括査定

楽天 無料愛車一括査定

車買取・中古車査定で高く売るなら、楽天オート。複数の査定会社に無料で一括査定依頼が可能。査定会社の評判や愛車の買取相場など、車の売却に関する情報が満載!ご成約で楽天スーパーポイントをプレゼント!

運営会社 楽天株式会社
登録業者数 49社以上
最大依頼件数 9社
本社 東京都品川区東品川4-12-3品川シーサイド楽天タワー
上場 東京証券取引所第一部
特徴 成約すると楽天ポイントがもらえます。

楽天 無料愛車一括査定の詳細はコチラをクリック!

 

車買取査定 Q & A

Q001・中古車の買取りの仕組みってどうなってるの?

A インターネットを中心として中古車の査定をしてくれる業者が増えてきていますが、この業者を「中古車買取専門業者」と言います。この業者は主にインターネットなどの媒体を使って全国から無料で査定をすることができる仕組みを構築しています。
この中古車の買取りの仕組みってどのようになっているのか?というと、まずインターネットなどで無料で車の査定をします。これは広告収入で運営されていますので無料で車の査定をすることができます。
次に査定を受けてその査定額に納得したら今度は直接中古車専門業者の査定士が家まで来てくれて査定をしてくれます。そこで詳しく細かく査定をしてもらって本当の査定額を算出してもらえます。
査定士が査定した金額に納得することができればそこで買取が成立します。この一連の流れが中古車の買取りの仕組みになっています。この流れを知ることが出来ればあなたも不安を払拭して安心して自分の愛車を中古車買取専門業者に売ることが出来るのではないでしょうか?
このように中古車の買取りの仕組みはインターネットからの申し込むが主流になっていて、その後査定士が直接来て査定してくれる仕組みが主流になっています。

Q002・車の下取りと買取りの違いって何?

A 車の下取りと買取りは、どちらも車を売却することですが、違いはいくつかあります。まず売却先が違います。基本的に、下取りの場合はディーラー、買取りの場合は中古車買取業者が売却先になります。そして目的も異なります。下取りの場合は、車を売却した金額を、新車購入費用に充てるのが目的です。買取りはそれに対して、車を売却した金額を現金で受け取ることになり、その金額を何に使うかは自由です。つまり、下取りは新車を購入するついでに中古車を引取ってもらい、新車購入費用をいくらか補填してもらうことなのです。では、新車購入予定があるなら、買取りより下取りがいいのかというと、一概には言えません。なぜなら、下取りと買取りを比べた場合、売却金額は買取り額のほうが高くなるケースが多いからです。下取りは新車購入費用に充てられて、費用が割引されるわけですが、中古車の価値をあまり評価しません。そもそも下取りの金額は、車種、年式、グレード、走行距離などの条件から画一的に決めるもので、高額を出すことが考慮されていないのです。買取の場合は中古車の人気や状態の良さ、オプションなどを金額に反映させますので、その分だけ高額な価格で売ることができます。

Q003・車にキズや凹みがあるのですが直してから査定を受けるべき?

A 通常、車に傷もない状態と言うパーフェクトな状態で査定に出すことってそうそうないはずです。自動車を使って居ればどの道、何かしらのダメージは受けてしまいます。
こういった、傷やへこみって直してから査定に出すのが望ましいのでしょうか。
実際の所、最低の際に直しておくというのは止めておいた方が良いケースもあります。
というのも、やはり完璧な傷の修復にはお金が掛るのです。
今から、売りに出すものに対して完璧に修理をするとなると修理代金は戻ってくるかもしれませんが、新しい新車を買う原資にはならないでしょう。
また、自分で修理するにしてもやはり素人が行う修理ですから査定員の方にばれてしまう事でしょうね。
ですから、余計な修理はせずに正直に傷がありますという方がプラスの査定にはならずとも査定員の心象を良くするきっかけにはなるでしょう。
もし、修理を自分で行うのでしたら自己責任で行う事をこころがけましょう。
このように、もし車に傷やへこみなどがありましたら無理をして修理せずにそのまま査定に出すのが望ましい場合もあります。

Q004・自動車の買取査定でチェックされるポイントって何?

A 自動車の買取査定でチェックされるポイントはある程度決まっています。査定を行う査定士の方は専用のチェックシートを持っており、これを順番に埋めていくことで適正な査定を行うのです。まず車検証などの書類を確認し、基本情報をチェックします。この書類を忘れると査定ができませんので、あらかじめどういったものが必要が聞いておくことが大切です。書類の確認を終えると自動車のチェックに進みます。車のまわりをぐるりと回りながら傾きや車高、隙間や塗料の状態を確認していきます。次に内側のチェックです。走行距離の確認を始め、調度品の状態を確認していきます。実際にエンジンをかけて作動状況もチェックされます。エンジンルームでは車体番号や冷却水、オイルなどが見られます。この時溶接後やボルトを見て修復歴が確認されます。その他タイヤの溝の深さなど細かいところまで実に数十項目のチェックが行われるのです。ここに述べたのはほんの一例であり、査定士の方はとても細かく状態をチェックし、減点方式で価格を導き出します。大きく影響を与えるポイントは、走行距離、修復歴、修復に費用のかかりそうな傷やへこみなどです。

Q005・車のローンがまだ残ってるけど買取ってもらえるの?

A 今乗っている車のローンが残っているけど中古車専門店に買い取ってもらって、新しい車が欲しいと思ってしまったときってありませんか?実際に車のローンがまだ残ってるけど買取ってもらえるの?という疑問を持っている人も多いと思います。
どうしても新しい車が欲しいと思っても今乗っている車のローンが残っていたら心配になってしまいますよね。しかしご安心ください!車のローンがまだ残っていても買取ってもらうことができます。
なぜ買い取ってもらうことが可能なのか?というと、ローン支払い残金(ローン残債)と、車の下取り買取金額の差額を現金で用意することができれば、車を売ってもローンの残債を現金で払って完済することができるからです。
この時点で完済することができれば、ローンも問題も解決しますので中古車専門店でも買い取ってくれるのです。もう1つの方法がローン支払い残金(ローン残債)と、車の下取り買取金額の差額を次に買う新車のローンに入れてしまう方法です。
例を挙げますと、車を売って50万円の残債が残ってしまったら、その50万円を次の車の購入する際にローンで組んでしまう方法になります。

Q006・車の査定でメーカー下取りより買取業者がいい理由

A 車の査定でメーカー下取りより買取業者がいい理由は、査定額の違いです。一般的に買取業者のほうが査定額を高くつける傾向にあるのです。車の買取価格はその車自体の状態だけではなく、流行やボディカラー、季節など実に様々な要因によって左右されます。こういった情報にはメーカーよりも買取業者のほうが強い傾向にあるのです。なぜなら新車を販売をメインとするメーカー側は中古車を専門に扱っているわけではないので、相場を下取り価格に反映することが難しいのです。また買取った車の売却方法も査定額に差が出る理由のひとつです。買取業者であれば買取った車を販売する手段を複数もっていることがほとんどで、たとえば業者専門のオークションや海外市場、車として売ることが難しいケースでも解体して部品として売るなどすることができます。しかしメーカーの場合は販路が系列の展示場のみという場合がほとんどです。販売方法が限られてしまうと売れるまでに時間がかかる傾向にあります。車を在庫として抱える期間が長くなれば、当然管理コストなどもかさみます。リスクが高ければ査定額を抑えて対応する他ありません。このような査定額の違いが車の査定で買取業者がいいとされる理由のひとつなのです。

Q007・車にキズや凹みがあるのですが直してから査定を受けるべき?

A 自分の車を売るときに、大きな傷や凹みがある時は、査定に響くことを念頭に置いてから査定をしてもらうので、予想以上に金額が低くても、そのキズや凹みが原因と言われてしまうと、納得せざるおえなく、提示された金額で売ります。しかし、ほんのわずかなキズや凹みとなってしまうと、人気が高い車種になればなるほど、査定に響くのが嫌で、売る前に修理をしてから売った方が、高額で売ることができるのではと思ってしまいますよね?実際には、キズや凹みは修理をした方が、高額に買い取ることができるのでしょうか?キズや凹み具合によって異なりますが、キズに関しては、磨いて消える程度なら、磨いた方がキズも見えなくなっているので、査定には響かないと思います。凹みや修理に出すほどの大きな傷に関しては、修理に出して直してからの方が良いと思うかもしれませんが、修理に出しますとその分の金額が出てしまい、査定された時に、修理金額の方が上回って、逆に赤字になることもあります。そして、買取業社でも買い取った時点で修理をすることもあり、会社の規模によっては自社でできるので、コストも低く、金額にすると安いので、多少のキズや凹みぐらいでは、そんなにマイナスの査定にはならないのです。なので、自力で直せないキズや凹みに関しては、プロに依頼をして修理をしてから売るよりも、そのままの状態で売った方が、いいのではないでしょうか?

Q008・車検が切れた車でも売ることはできますか?

A 自分の車を売って新しい車を売りたいと思っても車検が切れている車は売ることができないのではないか?と不安になってしまう人も多いのではないでしょうか?インターネットでも車検が切れた車を売ることができるのか?という質問をする人も多いです。
実際に車検が切れた車でも売ることができるのか?という疑問の答えは「売ることができる!!」というのが疑問の答えになります。中古車買取専門業者は車検が切れていても車を買ってくれるのです。
売りたいと思っている車が人気があれば、たとえ車検が切れていても高値が車を買い取ってくれます。走行距離や市場の状況や走行距離などに応じて高値で買い取ってくれることができるのです。
そのために比較的新しい車で市場の需要があればしっかりと高い値段で買い取ってもらうことができますので、まずは自分の車がどのくらいの買い取り価格で買い取ってくれるのか?をしっかりと把握しておくことが重要になってきます。
車検が切れてしまっているだけで多くの人が諦めてしまっていますので、諦めないで高値で売れることを信じてまずは査定してもらうことをおすすめします。

Q009・事故車でも買取ってもらえるの?

A 車に乗る限り、事故を起こしてしまう可能性が幾らかありますが、いざ、事故を起こしてしまった時に、車体にキズや歪みが出ていたり、事故の状態によっては、原型がなくなっていることもあります。傍から見ますと、“これはいくらなんでも売ることができなし、売ったとしてもタダ同然って感じだよ”と思うかもしれませんが、実際には、事故車でも車を売ることができるのでしょうか?結論からいいますと、新車や中古車だと多少の値崩れはするものの、売り手さえ納得がすれば、中古車販売業者に売ることはできます。最近は、全国の廃車業者達がしっかりとネットワークを作っているので、廃車同然の車でも、車のパーツが原型を留めているところがあれば、他の部分がボロボロでも、車の価値はゼロではなく、しかも、人気車種や高級車の場合は、売り手が想像していたよりも、高い金額で買い取るケースもあるのです。そして、今では、インターネットでの査定もできますので、直接店舗に行くのもなんとなく嫌だなと思いましたら、まずはネットでの一括無料査定でも、十分に車の価値が判り、買い取ってもらう時の参考基準にもなります。事故車の他にも、水没車でも買い取ることができますので、事故にあって車の修理をするよりも買った方が良いと思う方は、新たに購入する前に、まずは事故車を買い取ってくれる所を検討しても良いと思いますね。

Q010・車を買取ってもらった車の代金はいつ支払われるの?

A オンライン査定などをして中古車買取専門業者から提示された金額に納得することができればそこで中古車の売却の手続きをすることになります。しかし売った側からしてみればいつ売却代金が支払われるのか?が疑問に思ってしまうところではないでしょうか?
多くの中古車買取専門業者がありますが、業者によっては即日現金買取りをうたい文句にしている中古車買取専門業者があるのも事実なのですが、売却契約の数日後に銀行に振り込まれるのが一般的ですし、それが当たり前で普通の安心できる中古車買取専門業者の証ともいえます。
まず中古車買取専門業者提示した査定額に納得したら売却契約をすることになります。車検証や自賠責保険証、自動車税納税証明書、リサイクル券など必要書類をしっかりと準備してから売却契約をすることになります。
そして売却契約の数日後に買取代金が指定口座に振り込まれる仕組みになっていて、早くて数日で振り込まれますが、遅くても1週間以内で振り込まれるのが一般的な支払われる期日になります。
この期間よりも長引いてしまった場合は不備の可能性も高いので、中古車買取専門業者に必ず問い合わせするようにしましょう。

 

トヨタ・車買取査定対象車種

1937年に設立され、今や世界最大級の自動車メーカーとなったトヨタ自動車。その高い信頼性が世界中で評価されているトヨタ自動車だが、同時にクラウン やカローラなど、エポックメイキングなモデルを数多く生み出してきたメーカーでもある。近年ではハイブリッドカーのパイオニアであるプリウスを世に送り出 し、世界を驚かせた。豊富な車種のラインアップは圧倒的で、アルファードやヴォクシーなどのミニバンをはじめ、コンパクトハイブリッドのアクア、スポーツ カーの86など、様々なユーザーに向けた車種を展開している。

英数字

86 bB bBオープンデッキ FJクルーザー iQ ist MIRAI MR2 MR-S MRスパイダー RAV4 RAV4EV SAI WiLLVi WiLLVS WiLLサイファ

ア行

アイシス アクア アバロン アベンシス アベンシスワゴン アリオン アリスト アルテッツァ アルテッツァジータ アルファード アルファードハイブリッド アレックス イプサム ヴァンガード ウィッシュ ヴィッツ ウィンダム ヴェルファイア ヴェルファイアハイブリッド ヴェロッサ ヴォクシー ヴォルツ エスクァイア エスティマ エスティマエミーナ エスティマハイブリッド エスティマルシーダ オーパ オーリス オリジン

カ行

ガイア カムリ カムリハイブリッド カムリグラシア カムリグラシアワゴン カリーナ カリーナED カリーナサーフ カルディナ カルディナバン カレン カローラ カローラFX カローラII カローラアクシオ カローラスパシオ カローラセレス カローラバン カローラフィールダー カローラランクス カローラルミオン カローラレビン カローラレビンハッチバック カローラワゴン キャバリエ キャバリエクーペ キャミ クラウン クラウンアスリート クラウンエステート クラウンコンフォート クラウンセダン クラウンハイブリッド クラウンバン クラウンマジェスタ クラウンロイヤル クラウンワゴン グラシア クラシック グランドハイエース グランビア クルーガー クルーガーハイブリッド クレスタ コルサ コルサセダン コロナ コロナSF コロナエクシヴ コロナクーペ コロナプレミオ

サ行

サイノス サイノスコンバーチブル サクシード サクシードバン シエンタ スープラ スターレット スパーキー スプリンター スプリンターカリブ スプリンターシエロ スプリンタートレノ スプリンタートレノハッチバック スプリンターバン スプリンターマリノ スプリンターワゴン スペイド セプター セプタークーペ セプターワゴン セラ セリカ セリカコンバーチブル セルシオ センチュリー ソアラ ソアラエアロキャビン

タ行

ターセル ターセルセダン タウンエース タウンエーストラック タウンエースノア タウンエースノアバン タウンエースバン チェイサー ツーリングハイエース デュエット

ナ行

ナディア ノア

ハ行

ハイエース ハイエースコミューター ハイエースバン ハイエースレジアス ハイラックス ハイラックスサーフ パッソ パッソセッテ ハリアー ハリアーハイブリッド ピクシスエポック ピクシススペース ピクシストラック ピクシスバン ピクシスメガ ビスタ ビスタアルデオ ファンカーゴ プラッツ プリウス プリウスPHV プリウスEX プリウスα ブリザード ブレイド ブレビス プレミオ プログレ プロナード プロボックス プロボックスバン ベルタ ポルテ

マ行

マークII マークIIクオリス マークIIセダン マークIIバン マークIIブリット マークIIワゴン マークX マークXジオ マスターエースサーフ メガクルーザー

ラ行

ライトエース ライトエーストラック ライトエースノア ライトエースノアバン ライトエースバン ラウム ラクティス ラッシュ ランドクルーザー60 ランドクルーザー70 ランドクルーザー70ピックアップ ランドクルーザー80 ランドクルーザー100 ランドクルーザー200 ランドクルーザーシグナス ランドクルーザープラド レジアス レジアスエース

レクサス・車買取査定対象車種

トヨタ自動車の高級車ブランドとして、1989年に誕生したレクサスは、アメリカ合衆国およびヨーロッパでの展開を経て、2005年に日本でブランド展開 を開始。現在ではアジア、オセアニア、南アメリカ、そしてアフリカにも進出を果たしている。ブランドの象徴であるLSをはじめ、GSやISなどにもハイブ リッドモデルを幅広く展開するなど、欧米メーカーの高級車とはひと味違ったアプローチでプレミアムブランドとしての存在感を増している。また、500台限 定で生産されたスーパーカー、V10エンジンを搭載するLFAも大きな話題となった。

英数字

CT GS GSF GSハイブリッド HS IS ISF ISコンバーチブル LFA LS LSハイブリッド LX NX RC RCF RX RXハイブリッド SC

日産・車買取査定対象車種

1933年に設立された日産自動車は、生誕から50年以上の歴史を持つスカイラインをはじめ、フェアレディZやスーパースポーツのGT-Rなど、スポー ティーなイメージが強い自動車メーカーだ。一方で、電気自動車リーフをいち早く発売するなど、EV普及にも積極的。近年ではセレナやエルグランドなどのミ ニバン、ノートやマーチなどのコンパクトカー、SUVのエクストレイルやジュークなど、各カテゴリーで人気のモデルをラインアップしている。また、 2011年からは三菱自動車と軽自動車事業で提携し、軽自動車のラインアップも強化している。

英数字

180SX AD AD-MAXバン AD-MAXワゴン ADエキスパート ADバン ADワゴン Be-1 e-NV200 e-NV200バン GT-R NT100クリッパー NV100クリッパー NV100クリッパーリオ NV200バネット NV200バネットバン NV350キャラバン NV350キャラバンマイクロバス NV350キャラバンワゴン NXクーペ

ア行

アベニール アベニールカーゴ インフィニティQ45 ウイングロード エキスパート エクストレイル エスカルゴ エルグランド オッティ

カ行

キックス キャラバン キャラバンコーチ キューブ キューブキュービック クエスト クリッパー クリッパートラック クリッパーリオ クルー グロリア グロリアセダン グロリアバン グロリアワゴン

サ行

サニー サニーRZ-1 サニーカリフォルニア サファリ シーマ シーマハイブリッド ジューク シルビア シルビアヴァリエッタ シルビアコンバーチブル シルフィ スカイライン スカイラインGT-R スカイラインGT-Rセダン スカイラインクーペ スカイラインクロスオーバー ステージア セドリック セドリックセダン セドリックバン セドリックワゴン セフィーロ セフィーロワゴン セレナ セレナカーゴ

タ行

ダットサン ティアナ ティーダ ティーダラティオ ティーノ デイズ デイズルークス デュアリス テラノ テラノレグラス

ナ行

ノート

ハ行

ハイパーミニ パオ バサラ バネット バネットセレナ バネットトラック バネットラルゴ パルサー パルサーセダン パルサーセリエ パルサーセリエS-RV ピノ フィガロ フーガ フーガハイブリッド フェアレディZ フェアレディZコンバーチブル フェアレディZロードスター プリメーラ プリメーラカミノ プリメーラカミノワゴン プリメーラハッチバック プリメーラワゴン ブルーバード ブルーバードARX ブルーバードオージィー ブルーバードシルフィ ブルーバードハードトップ プレーリー プレーリージョイ プレーリーリバティ プレサージュ プレジデント プレセア ホーミー ホーミーコーチ

マ行

マーチ マーチBOX マーチカブリオレ マイクラCプラスC マキシマ ミストラル ムラーノ モコ

ラ行

ラシーン ラティオ ラフェスタ ラフェスタハイウェイスター ラルゴ リーフ リバティ ルークス ルキノ ルキノS-RV ルキノクーペ ルネッサ レパード レパードJ.フェリー ローレル

ホンダ・車買取査定対象車種

1948年に設立され、カリスマ創業者の本田宗一郎氏の精神を受け継いだチャレンジスピリッツあふれる独自の技術で多くのファンを惹きつけている本田技研 工業。四輪事業はもちろん、創業以来の二輪事業、耕運機や発電機などの汎用事業、ロボット事業、近年では小型ジェット機の開発も手掛けている。近年では N-BOXをはじめとする新世代の軽自動車や、フィット、フリードなどのコンパクトカー、ステップワゴン、オデッセイなどミニバンなどが人気だが、NSX に代表されるように、スポーツカーの存在が期待されているメーカーといえるだろう。

英数字

CR-V CR-X CR-Xデルソル CR-Z HR-V MDX NSX NSX-R N-BOX N-BOX+ N-BOXスラッシュ N-ONE N-WGN S2000 S660 S-MX Z

ア行

アヴァンシア アクティトラック アクティバン アコード アコードインスパイア アコードエアロデッキ アコードクーペ アコードツアラー アコードハイブリッド アコードプラグインハイブリッド アコードワゴン アスコット アスコットイノーバ インサイト インスパイア インテグラ インテグラSJ インテグラセダン インテグラタイプR インテグラタイプRセダン ヴェゼル エアウェイブ エディックス エリシオン エレメント オデッセイ オルティア

カ行

キャパ クロスロード グレイス コンチェルト コンチェルトハッチバック

サ行

ザッツ シティ シビック シビッククーペ シビックシャトル シビックセダン シビックタイプR シビックタイプRユーロ シビックハイブリッド シビックフェリオ シャトル ジェイド ジャズ ステップワゴン ストリーム セイバー ゼスト

タ行

トゥデイ ドマーニ トルネオ

ハ行

パートナー バモス バモスホビオ バモスホビオバン ビート ビガー フィット フィットハイブリッド フィットアリア フィットシャトル フィットシャトルハイブリッド フリード フリードハイブリッド フリードスパイク フリードスパイクハイブリッド プレリュード プレリュードインクス ホライゾン

マ行

モビリオ モビリオスパイク

ラ行

ライフ ラグレイト ラファーガ レジェンド レジェンドクーペ ロゴ

三菱・車買取査定対象車種

1917年に製作された三菱A型という乗用車を源とする三菱自動車工業は、日本の自動車メーカーとして最古参の1つである。1960年には自社開発乗用車 の三菱500を発売。以来、ミニカ、ギャランといった車を世に送り出してきた。また、長年のラリー競技への参戦により、パジェロやランサーエボリューショ ンなど、世界的にもファンが多い。また、デリカD:5やRVRなどアウトドアを連想させる人気車を持つが、EVベースのアウトランダーPHEVなどは、ア ウトドアイメージと先進テクノロジーを組み合わせた、三菱らしい車種といえるだろう。

英数字

eKアクティブ eKカスタム eKクラッシィ eKスペース eKスポーツ eKワゴン FTO GTO RVR

ア行

アイ アイ・ミーブ アウトランダー アウトランダーPHEV アスパイア エアトレック エクリプス エクリプススパイダー エテルナ エテルナサバ エメロード

カ行

カリスマ ギャラン ギャランスポーツ ギャランフォルティス ギャランフォルティススポーツバック グランディス コルト コルトプラス

サ行

ジープ シグマ シャリオ シャリオグランディス スタリオン ストラーダ

タ行

タウンボックス タウンボックスワイド チャレンジャー ディアマンテ ディアマンテワゴン ディオン ディグニティ ディグニティハイブリッド デボネア デリカD:2 デリカD:3 デリカD:5 デリカカーゴ デリカスターワゴン デリカスペースギア デリカトラック デリカバン トッポ トッポBJ トッポBJワイド トライトン

ハ行

パジェロ パジェロイオ パジェロジュニア パジェロミニ プラウディア ブラボー

マ行

ミニカ ミニカタウンビー ミニカトッポ ミニカトッポタウンビー ミニキャブトラック ミニキャブバン ミニキャブブラボー ミニキャブミーブ ミニキャブミーブトラック ミラージュ ミラージュアスティ ミラージュセダン ミラージュディンゴ

ラ行

ランサー ランサーエボリューション ランサーエボリューションワゴン ランサーカーゴ ランサーセディア ランサーセディアワゴン ランサーワゴン リベロ リベロカーゴ リベロカーゴワゴン レグナム

マツダ・車買取査定対象車種

1960年に乗用車市場に参入したマツダ。1967年には、マツダの象徴とも言えるロータリーエンジンを初搭載したコスモスポーツを発売している。その 後、ファミリア、RX-7、そして2人乗り小型オープンスポーツカーのロードスターなど、スポーティで個性的な車を送り出してきた。2010年にはマツダ の次世代技術の総称である「SKYACTIV」を発表。特にクリーンディーゼルエンジンを搭載したCX-5やアテンザは大きな話題となった。コンパクト カーのデミオをはじめ、アクセラなど、スポーティーなイメージのラインアップが特徴だ。

英数字

AZ-1 AZ-3 AZ-オフロード AZ-ワゴン CX-3 CX-5 CX-7 MPV MS-6 MS-8 MS-9 MX-6 RX-7 RX-8

ア行

アクセラ アクセラスポーツ アテンザ アテンザスポーツ アテンザスポーツワゴン アテンザワゴン アンフィニRX-7

カ行

カペラ カペラC2 カペラCG カペラカーゴ カペラワゴン キャロル クレフ クロノス

サ行

サバンナRX-7 サバンナRX-7カブリオレ スクラム スクラムトラック スクラムワゴン スピアーノ センティア

タ行

デミオ トリビュート

ハ行

ビアンテ ファミリア ファミリアNEO ファミリアS-ワゴン ファミリアアスティナ ファミリアセダン ファミリアバン ファミリアビジネスワゴン ファミリアワゴン フレア フレアクロスオーバー フレアワゴン プレマシー プロシード プロシードマービー プロシードレバンテ ベリーサ ボンゴトラック ボンゴバン ボンゴフレンディ ボンゴブローニイトラック ボンゴブローニイバン ボンゴブローニイワゴン ボンゴワゴン

マ行

ミレーニア

ヤ行

ユーノス100 ユーノス300 ユーノス500 ユーノス800 ユーノスカーゴ ユーノスコスモ ユーノスプレッソ

ラ行

ラピュタ ランティス ランティスクーペ ルーチェ レビュー ロードスター ロードスタークーペ

いすゞ・車買取査定対象車種

1916年創業のいすゞ自動車は、戦後一貫してディーゼルエンジン搭載のトラック、バスなどの商用車をメインに事業を展開してきた。しかし乗用車部門で も、流麗なデザインの117クーペや、レースでも活躍したペレット、そしてCMでも話題だったピアッツァやジェミニなど、エポックメイキングな車種を多く 世に送り出してきた。しかし、1993年にはSUV以外の乗用車の自社開発から撤退し、2002年には国内での乗用車販売も撤退となった。しかし、SUV のビッグホーンやビークロスなど、いまだに中古で根強い人気を誇っている。

英数字

PAネロ PAネロハッチバック

ア行

アスカ アスカCX ウィザード

サ行

ジェミニ ジェミニクーペ ジェミニハッチバック

ハ行

ピアッツァ ピアッツァネロ ビークロス ビッグホーン ファーゴ ファーゴトラック ファーゴバン ファーゴフィリー ファスター フィリー

マ行

ミュー ミューウィザード

ラ行

ロデオ

スバル・車買取査定対象車種

「てんとう虫」の愛称で親しまれた「スバル360」を1958年に世に送り出して以来、個性的な車を多く輩出してきたスバル。現在では水平対向エンジンと 4WDの組み合わせは、スバルの代名詞であり、世界の自動車メーカーの中でも独自のポジションを築いている。特にレガシィツーリングワゴンは、日本にス テーションワゴンというジャンルを創造した立役者だ。他にもSUVのフォレスターや、インプレッサXVなどが人気のインプレッサシリーズ、新たなステー ションワゴンのメイン車種となるレヴォーグなど、個性的な4WDモデルが揃っている。

英数字

BRZ R1 R2 WRX

ア行

アルシオーネ アルシオーネSVX インプレッサ インプレッサG4 インプレッサSTI インプレッサXV インプレッサアネシス インプレッサクーペ インプレッサスポーツ インプレッサスポーツワゴン インプレッサスポーツワゴンSTI インプレッサハッチバック インプレッサハッチバックSTI ヴィヴィオ ヴィヴィオタルガトップ ヴィヴィオビストロ エクシーガ エクシーガクロスオーバー7

サ行

サンバー サンバーオープンデッキ サンバーディアスバン サンバーディアスワゴン サンバートラック ジャスティ ステラ

タ行

ディアスワゴン デックス ドミンゴ トラヴィック トレジア

ハ行

フォレスター プレオ プレオプラス

ラ行

ルクラ レヴォーグ レガシィB4 レガシィアウトバック レガシィグランドワゴン レガシィセダン レガシィツーリングワゴン レガシィランカスター レックス

スズキ・車買取査定対象車種

織機メーカーとして創業したスズキは、1952年に二輪車事業、次いで1955年には四輪事業に参入。以後、軽自動車をメインに事業を展開している。近年 は、スイフトなど普通車への取り組みにも積極的だが、今や軽自動車の定番となったトールワゴンタイプのワゴンRや、乗用タイプのアルトとその派生車種、本 格的なオフロード性能を持つジムニー、商用のエブリィ、従来の軽自動車の概念を超える室内スペースを有するスペーシアや、SUV的な要素を持つハスラーな ど、軽自動車のフルラインアップと言える品揃えでユーザーニーズに応えている。

英数字

Kei MRワゴン SX4 SX4S-CROSS SX4セダン X-90

ア行

アルト アルトラパン アルトワークス イグニス エスクード エブリイ エブリイプラス エブリイランディ エブリイワゴン エリオ エリオセダン

カ行

カプチーノ カルタス カルタスエスティーム カルタスクレセント カルタスクレセントセダン カルタスクレセントワゴン カルタスコンバーチブル カルタスセダン カルタスワゴン キザシ キャラ キャリイ キャリイバ グランドエスクード

サ行

ジムニー ジムニー1000 ジムニー1300 ジムニーシエラ ジムニーワイド スイフト スプラッシュ スペーシア セルボ セルボモード ソリオ

タ行

ツイン

ハ行

ハスラー パレット

ラ行

ランディ

ワ行

ワゴンR ワゴンRソリオ ワゴンRプラス ワゴンRワイド

ダイハツ・車買取査定対象車種

1907年に「発動機製造」として創立されたダイハツ。その社名は、「大阪の発動機」を縮めてダイハツと略称したことが由来と言われる。1957年には オート3輪のミゼットを発売し大ヒット。その後は軽自動車、小型車を中心に事業を展開し、1967年以降はトヨタグループの一員としてOEM供給や小型車 の受託開発、生産を行っている。トールワゴンタイプの代表車種ムーブや、スーパーハイトワゴンタイプのタント、乗用タイプのミラとその派生車種、軽オープ ンのコペン、商用のハイゼットなど、軽自動車の人気車種を多く取り揃えている。

英数字

MAX YRV

ア行

アトレー アトレー7 アトレーワゴン アプローズ アルティス アルティスハイブリッド ウェイク エッセ オプティ

カ行

キャスト クー コペン

サ行

シャレード シャレードソシアル ストーリア ソニカ

タ行

タント タントエグゼ テリオス テリオスキッド テリオスルキア デルタトラック デルタバン デルタルートバン デルタワイドバン デルタワイドワゴン デルタワゴン

ナ行

ネイキッド

ハ行

パイザー ハイゼットカーゴ ハイゼットカーゴハイブリッド ハイゼットグランカーゴ ハイゼットトラック ハイゼットバン ハイゼットピック ビーゴ ブーン ブーンルミナス

マ行

ミゼットII ミラ ミラアヴィ ミライース ミラココア ミラジーノ ミラジーノ1000 ムーヴ ムーヴコンテ ムーヴラテ メビウス

ラ行

ラガー リーザ リーザスパイダー ロッキー

光岡自動車・車買取査定対象車種

新車・中古車の販売業として1968年に創業した光岡自動車。1982年には初の自社製造となるマイクロカー、BUBUシャトル50を販売開始した。 1990年代には日産シルビアベースのラ・セード、日産マーチベースのビュートと、クラシックタイプのカスタムカーを販売。1994年にはオープン2シー ターのゼロワンを発表し、10番目の国産乗用車メーカーとして認可されるに至った。2006年には独特なデザインで話題となったオリジナルカーのオロチを 発表するなど、個性的なモデルを発表し続けている。

ア行

オロチ

カ行

ガリュー ガリュー204 ガリューI ガリューII ガリューIII ガリュークラシック ガリューコンバーチブル ガリューリムジンS50

サ行

ゼロ1

ナ行

ヌエラ ヌエラ6-02 ヌエラ6-02ワゴン

ハ行

ヒミコ ビュート ビュートハッチバック

マ行

マイクロカー

ヤ行

ユーガ

ラ行

ライク ラセード リューギ リューギワゴン リョーガ リョーガワゴン レイ

車買取対応の都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県

高額買取・査定の特徴

普 通、車を高く買い取ってもらうときにするアピール項目として走行距離が少ない、修復 歴無し等がありますが、他にも高額査定の項目・ポイントがあります。例えば、禁煙車であることやワンオーナー車、頻繁なオイル交換など、簡単に見ただけで はわからないプラス査定要素もたくさんあるため、積極的にアピールして下さい。また、メーターの走行距離数が多い車でも査定金額の上乗せができないわけで ありません。たとえメーターの距離が多かったとしても、街乗りでしか使っていない車と、長距離移動ばかり使っていた車では、査定金額が変わる可能性があり ます。仮に同じ走行距離であれば、長距離移動中心の方が高額査定のチャンスは高くなります。愛車の特徴、長所、短所を含めなにより皆様自身がご自分の愛車 の事を一番わかっていることでしょう。高価買取につながりそうなポイントはしっかりと査定士にお話し下さい。

出展 : カーセンサー.net

車買取査定コラム

廃車の手続きは2種類あります

車は、購入する時にも、廃車にする時にもたくさんの手続きが必要になります。廃車にする時というのは、事故や故障で乗れなくなってしまった場合、長期間に渡って乗らないことが分かっている場合があります。まだ十分に乗れるという場合には廃車にする前に、中古車として売却するという方法もありますね。
廃車の手続きには一時抹消登録という方法と、永久抹消登録という2種類の登録があります。自動車は新車であろうと中古車であろうと、購入時にナンバーを登録する際に全て運輸局に存在が登録されています。この記録を元に自動車税などを算出するため、勝手に廃車にしても登録を抹消しない限りはその車が存在すると思われてしまいます。そのため、廃車にする際には必ずこのどちらかの抹消登録をしなければならないことになっています。
一時抹消登録というのは文字通り、一時的に廃車措置として車を使用しないという場合にするものです。これは一時抹消登録を解除することで、再度車を利用することができますし、中古車として販売することもできます。もう一方の永久抹消登録という方は、車をスクラップにしてもう二度と乗れない状態にする場合などにする登録で、その自動車の存在自体を運輸局の登録から抹消してしまうというものです。

車を処分する時には廃車手続きを忘れずに

車が故障したり、事故に遭って修復できないほどになってしまった時には廃車の手続きをする必要があります。日本国内を走っている車は全て、所有者と保管者の所在が明確になるように、登録の義務があります。新車でも中古車でも、購入の時に手続きをしたのを覚えているでしょうか?国土交通省の運輸局では、国内に走っている車の情報を全て管理し、ナンバーを登録することで、勝手に車を購入して走らせたり、廃車にしたりできないようにしています。
さて、廃車の手続きを実際にするにはどのようしたらよいのでしょうか。一番確実なのは、事故に遭った際に警察の人に相談したり、あるいは事故の車を回収に来てくれる修理工場の人に聞く方法です。実際に、多くの事故処理をしているので、手続きの仕方なども良く知っています。
車は、使えなくなってしまったら、廃車の手続きをすることで、もうその車を使っていないことを証明する必要があります。そうしないと、自動車を保有、使用していることでかかる税金を払う義務が生じてしまいます。廃車の手続きをすることで、その車に対する義務を解除しない限りは、運輸局に保管されている車の登録情報は更新されず、責任が生じます。車の処分をする時には忘れずに廃車の手続きをしましょう。

車の査定

車の査定という言葉を聞いたことがあるでしょうか?車の査定というのは、その車を売る場合、いくらくらいになるのかという評価のことです。 テレビのcmなどで車の査定は無料です、というメッセージを見たこともあるかと思いますが、これは、中古車販売会社などが、車を売ろうと考えている人の車の見積もりを無料でしてくれるということです。車を売ろうと思っている方は、中古車販売会社などで、査定無料などと掲げているところに行ってみると良いかもしれません。
実際に車を売る際には、中古車販売会社などに行って、立ち合いのもと査定をしてもらうことになります。車の査定にはいくつかのポイントがあるようです。たとえば、車の外観をチェックする際には、傷やへこみ、塗装の剥げなどを見ることになります。車を売る側にとっては、できるだけきれいな方が買い取ってからの修繕にかかるコストも減らすことができますし、実際に後で購入する人にとっても、きれいな車の方が嬉しいですよね。
車の査定のポイントは会社によっても異なるようなので、車を売ろうと考えている方は、できるだけ高く買い取ってくれるところを探したいところです。一つのところで決めてしまわずに、いくつか見て回ると、良い出会いがあるかもしれません。

査定の前には洗車と掃除を

車を売ろうと考えた時に、まずはいくらくらいで売れるのかというのは最も気になる点ではないでしょうか。車を売る際には、買い手の査定を受けます。査定というのは、その車にいくらくらいの価値があるかを見積もることです。この車の査定の基準は会社によって異なるため、同じ車を同じ日に持っていっても、持っていく会社によって提示される価格は異なります。できるだけ高く売りたいという場合には、一つのところで決めてしまうのではなく、いくつかの候補を絞って、車を査定してもらうと良いでしょう。
さて、車の査定を受ける前に一つしておいた方が良いことがあります。それは、洗車と車内の掃除です。というのも、車を査定する側は、それを買い取ってから転売するのですから、できるだけきれいな物を買い取りたいと考えます。また、きれいな車であれば高く売れることも考えられるので、買値も高く設定しようと考えます。つまり、自分の車を高く査定したもらうためには、洗車をして車内の掃除をし、できるだけきれいに見えるようにしてから行った方がお得だということです。
これから売るとはいえ、自分のいらないものを人に売るよりは、自分でも惚れぼれするくらいきれいにしてから売ってあげた方が、車も買い手も喜びますよね。

ネットでもできる車の査定

車を売ろうと考えたことがある方は意外と多いのではないでしょうか。車の売り買いは年々増えているようで、中古車市場もかつてに比べてずいぶんと大きくなっているようです。実際に郊外に車を走らせてみると、たくさんの中古車販売会社があります。そんな中古車販売の会社を横目で見ていると、自分の乗っている車を売って、新しい車に買い替えようかな、と思うのも人情です。しかし、実際に自分の車を売るとなると、中古車販売会社に行って査定をしてもらわなければいけないという、第一のハードルがあります。色々と話を聞いてみたいし、自分の車がいくらくらいで売れるのかは知りたいけれど、まだ売ると決めたわけではないし、話だけ聞くのも申し訳ない、と考える人も多いのではないでしょうか。そこで、ここでは簡単にネットで車の査定額を調べる方法をご紹介します。
車の価格は、これだけ全国に中古車販売のネットワークができるとだいたい整備されてくるもので、相場というものが形成されてきます。そこで、まずは自分の車の車種名、年式などを調べます。そして、ネットで査定できるサイトを調べ、そこに車種と年式を入力します。そうすると、だいたいの査定額が出てきます。ネットの発達のおかげで、車の査定までできてしまうのは便利ですね。

査定は無料?

車を売ろうと考えている方は、査定という言葉を聞いたことがあるのではないかと思います。テレビのcmなどでも、査定という言葉をよく耳にするので、何となく意味は知っているという方も多いのではないでしょうか。
車の乗り換えをする人が増えてきたので、現在、中古車の市場は段々と大きくなってきています。日本国内にはだいたい7千万台くらいの車が走っていると言われていますが、その車が日々、売り買いされているということです。
実際に頻繁に車を買い替える人は既に査定のマナーなどを知っていると思いますが、初めて車を売ろうという場合にはなかなか勝手がわからず、思いとどまってしまうのではないでしょうか。テレビなどで見ていると、査定無料、という言葉をよく聞きます。無料とはいえ、実際に査定でどのようなことをするのか分からないとちょっと不安ですよね。
車の査定というのは、車種、年式、走行距離などの基本的なスペックや、事故歴、傷やへこみなどの外観、手入れの様子などをチェックして、その車種の相場程度で売れそうなのか、それよりも高く売れるのか、あるいは安くしか売れないのかという判断をするための見積もりのことです。車を持っていく側は売り手、中古車屋さんは買い手です。査定を無料でしてくれるのは、買い手がより多くの選択肢から選びたいという動機があるためなので、怪しい点はないということになります。

 

 

 

 

まとめ

車を少しでも高く売るためにまずは複数の買取店から査定見積りを取ることが大切です。初めに5社程度と書きましたが、各サイトの最大依頼件数をご覧になられて、『(;・∀・)ハッ?』としませんでしたか?

実 のところ、データ的に8社から10社の査定見積りを取ると一番高い査定額が出てきやすいということが、裏情報であるそうです。 正確に査定してもらう場合は、無料出張査定が必要になりますので、同じ時間帯に依頼した買取店の担当者に来てもらうと少ない回数の立ち合いで済みますか ら、参考になさっていただければと思います。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

\ SNSでシェアしよう! /

車買取査定ガイドの注目記事を受け取ろう

車買取

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

車買取査定ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 車査定と傷の存在について

  • 事故歴が車査定に与える影響

  • ネットでの車査定について

  • 不動車を車買取に出して処分する

  • どんな車でも車買取してもらえます

  • 出張車査定を利用してみる