1. TOP
  2. 車買取査定
  3. 車査定と傷の存在について

車査定と傷の存在について

車買取査定   748 Views

車査定のときに車のボディについたキズはどのように査定に影響するのでしょうか。

基本的にはマイナス査定の要因になります。

しかしその部位屋大きさによってマイナスの大きさが変わってきます。


⇒ 愛車を高く売りたい方は必ずチェックしてください!

例えばボンネットやドアの付近などに傷がある場合には大きなマイナスとなります。

見えやすい部分にキズがあると中古人気が低くなるからです。

売れにくいものには高い査定額をつけないのが車買取り業者の基本なのです。

しかも表面のコーティングの部分ではなく塗料の部分にまで達しているものですとなおさらです。

しかし目立たない部分にある傷やコーディングの表面にできた浅い傷などでしたらあまり大きなマイナス査定にはなりません。

このような小さなキズがある場合には修復材を使えば目立たなくすることができ、車査定の額を高くできます。

大きなキズがある場合にはそのまま車査定に出してください。

マイナス査定になりますが、修理には出さないでください。

修理費用は案外高くつきます。

しかも修理費用よりも査定額がアップするということはまずありません。

ですので無駄になりますのでそのまま売ってください。

長く使っていますとどうしてもキズができますが、修復できるものはして、できないものはせずに査定に出すのが賢明です。

\ SNSでシェアしよう! /

車買取査定ガイドの注目記事を受け取ろう

車買取査定

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

車買取査定ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 高額で車買取をしてもらう為には

  • 事故歴が車査定に与える影響

  • 車査定でトラブルを避けるために

  • 車売却時の消費税について

  • 車査定をする場合どこがいいのか

  • 簡単に車査定をしてもらう方法とは